貧乏な家庭に生まれてしまった時点で人生は諦めるべきなのか?

一度は誰もが「お金持ちの家庭に生まれたかったな」と考えたことがあるでしょう。お金持ちの家庭であれば生きるのも簡単そうですし、何よりも大事にしてもらえます。そしてお金が沢山あるのでそのお金を使って色々な事ができるのです。子供の頃や現在の境遇を呪って考えることもあるでしょう。

ただ、お金持ちの家庭に生まれなかったとしても貧乏な家庭に生まれてしまったら人生はそれで終わりなのか?というとそれは間違いでしょう。貧乏な家に生まれたけれども懸命に生きて有名になるまで稼いでいる人もいますし、かなりお金持ちなった成り上がりの人もいます。そういった人たちのことを考えると、人生は貧乏な家庭に生まれても失敗ではないと感じます。

じゃあどういう時に人生失敗なのか?というとやはり諦めた時ではないでしょうか。人は諦めてしまうとそれで向上心を失ってしまい、そこで止まってしまうものです。例えばアルバイトでそこそこの給料を稼げるようになってしまい、そこで満足して上を目指さなくなってしまえば、人間はそこで止まってしまいます。そして止まってしまえば人生失敗ということになることもあるでしょう。結果的に人生に失敗するというのは生まれ育ったところが貧乏だったかもしくはお金持ちだったかよりも、自分がどういうことをするか?ということのほうが重要なのでしょう。

日本は貧乏と言っても死ぬほどにまで貧乏という人はいないでしょう。それならばお金持ちに憧れてひがんでしまうよりも、今できることを頑張るのが一番いいと思います。なにか自分が行動をすることによって、多くのことはいい方向に進んでいきます。当然失敗することも多いですが、失敗するということは進んでいる証拠でもあります。止まっている人間は失敗をしないのですから。

という訳で貧乏な家庭に生まれたからということで、あまりひがんでしまって止まってしまうことのほうが、人生を終了させてしまうと言えるでしょう。自分の今の生き方を考え、どういう風に生きるか、どういう風になりたいかを考えて行動するほうが重要でしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※キャッシング審査に通らない!そんな時に使って欲しい金融会社一覧 All Rights Reserved.