消費者金融の審査…自営業の場合

会社勤めのサラリーマンなら、審査の時は職場に在籍確認をするだけで済みますが、自営業の場合、在籍確認はどうやって取るのでしょうか。アルバイトなどを雇っているならば、「店長(またはオーナー)はただいま外出しております」などという確認が取れれば良いのですが、多くの自営業者は1人でやっていたり、住居の電話番号と同じだったり、携帯電話のみだったりします。インターネットでの仕事で、実店舗を構えていない場合もありますね。

職場に在籍確認なんて無理なのでは、と思いますが、審査は慎重に行われるため、様々な手段を使って商売をしている、つまり収入があるかを確認します。近隣の住民に宅配を装って聞き込みをしたり、実際に郵便物を送って届くかどうかなど、キャッシング会社によって色々な確認方法があります。また、所得証明として確定申告書の写しを提出が求められたりもします。

ただ、自営業などで在籍確認が難しい場合、在籍確認を省略することもあります。その代わり、信用度が低くなるので、借りられる額は非常に少なくなることは覚悟してください。そこは、返済実績で返済能力があることを証明し、信用度を上げる他ありません。

また、注意したいのが、キャッシングなどのフリーローンは、事業資金には使用できないことが多く、あくまで生活費などの私用目的になります。私用目的として借りて、こっそり事業資金に当てることはしないでください。事業資金用のローンは別にありますので、そちらできちんと借りましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※キャッシング審査に通らない!そんな時に使って欲しい金融会社一覧 All Rights Reserved.